脱毛の悩み、みんなで共有しましょう

私が脱毛に気づいたのは20代、学生時代でした。

髪が薄いというのはぞれ以前から気づいていたのだけれど、ある日あるとき、目ざめると枕にうっすらと髪の毛がついている。

そのときはさして気にもとめなかったのだけれど、それから徐々に、枕につく髪の毛が増えて…。

30代になるころにはめっきり「薄い人」になり、40台では前額が上がり始めて。

いまや、おつむはすっかりぴかぴかし、かろうじて全体を薄い髪の毛が覆っているぐらいのありさまです。

どうしてこうなったのか。

一番は、私の無関心でしょうね。

脱毛が始まっていると知りながら、特別なにをするということもなかった。

時折、気まぐれで養毛剤のようなものを買ってはみたものの、まじめに使い続けたためしがない。

まあ、なんとかなるさの精神ばかりで、ここまでやってきてしまいました。

後悔先に立たず。

いまさら悔やんでも仕方がなにのですが、あのときこうすればよかった、もう少しまじめにこのことに取り組んでおくべきだった、と思わないでもないですが、根はそう変わっていないので、実はいまだにそれほど気にはしていません。

若い人にアドバイスするとすれば、やはり、薄毛は年寄りの問題と思わずに、髪は人それぞれ、年齢とは無関係ということを知ってほしい。

よく観察して、問題があれば速やかに手を打つ、それをぜひ心がけていただきたい。

髪の形を含む顔の印象は、人生を送るうえでとても大切なことですから。