雑誌やネット、交通広告でも広く脱毛サロンが宣伝されていて、脱毛をすることがエチケットのように、当たり前のようになったと最近特に感じます。

まるで脱毛しないことがみっともない事のように表現されているような印象を受けることも有ります。

私自身も脇の下やその他脱毛をしていて、確かにスッキリスベスベな肌になって気持ちが良いし、肌を露出したお洒落な服装を堂々と楽しめたりして、脱毛してよかったという気持ちはすごく有ります。

ただ、ふと思うと、そもそも体毛って、本当は人間の体のために何か意味が有って生えているのではないかという思いも有るのです。

男性のヒゲや体毛の脱毛も結構流行りだしてきているようで【例:ヒゲの「完全脱毛」体験レポート┃ヒゲのゴリラ脱毛】、私は男性までそのようなことを気にするのはどうかと思うのです。

せっかく健康な体に生まれてきて、わざわざ自然に逆らうような脱毛行為をする必要性が有るのだろうかと疑問に思います。

男性も女性も、もっと、自然な健康体そのものの魅力を良しとされる世の中になって、外見に手を加えることよりも、心の健康や内面的な魅力に力を入れることのほうが価値が有ると考えられるようになっていけたらいいなと思うのです。